運営者情報

女の子は三月三日の上巳の節句に、幸せを祈り健やかな成長を祈る儀式をします。

上巳の節句は桃の節句とも言い、起原は大変古く平安時代に遡ります。

昔の日本には五つの節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)があり、当時この行事は貴族の間では、それぞれ季節の節目の身のけがれを祓う大切な行事でした。

平安時代、その中の一つ「上巳(じょうし)の節句」の日に、人々は野山に出かけ薬草を摘み、その薬草で体のけがれを祓って健康と厄除けを行いました。

この行事が、後に宮中の紙の着せかえ人形で遊ぶ「ひいな遊び」と融合し、自分の災厄を代わりに引き受けさせた紙人形を川に流す「流し雛」へと発展してゆきます。

室町時代になるとこの節句は3月3日に定着し、やがて紙の雛ではなく豪華なお雛さまを飾って宮中で盛大にお祝いするようになったのです。

それが宮中から武家社会へと広がり、さらに裕福な商家や名主の家庭へと広がり、今の雛祭りの原型となっていったというわけです。

ちなみに「木目込みひな人形」は、京都の上賀茂神社に仕える雑掌高橋忠重が、木切れに布を木目込んで人形を作ったのが始まりとされています。

「木目込み人形」は、木彫りの人形に金襴(きんらん)などの切れ地をはり、その端を彫った溝に埋め込んで衣装とした人形のことをいいますよ。



■【www.ひな人形木目込み.com】運営者:チビ・スタイル 横山
■E-mail:news1962online★yahoo.co.jp ※最近迷惑メールが多いので★を@の小文字に変更して下さい
■住所:東京都世田谷区

木目込み雛人形の人気ランキング|私のお勧めはこちらですのトップページへ